最短で「女にモテたい」という理想的なモテ人生を手に入れる方法 - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

最短で「女にモテたい」という理想的なモテ人生を手に入れる方法

赤堀です。


今このページを見ているということはあなたは


とにかく色んな女とセックスできる人生が欲しい


と願っているということだろう。



生きているうちに色んな女性と関係を持ちたいと思うのは
男としてごく自然のことであり
私はそんな欲望に正直な男性には好感が持てる。



まぁ別に運命の女性と出会い生涯を添い遂げたいという目標でも構わない。


いずれにせよ、我々が心からの幸福を得るには
たくさんの女性を知り、選択肢を増やす必要があるわけだ。



簡単に言うとモテる必要がある。



なぜ多くの男性が理想とはほど遠い人生を歩んでいるのか。

なぜ日本中の男が欲求不満でエロ動画の検索ばかりするのか。

なぜ可愛い女の子には触れることができず遠くから見ることしかできないのか。

なぜ他の若い男が可愛い子とラブホに入っていく姿を見て劣等感を感じるのか。

なぜ好きになった子にはいつも彼氏がいて敗北感を感じるのか。

なぜ多くの男が女性関係に後悔しながら死んでいくのか。



何が壁になっているのか、その答えはシンプルだ。


モテないというのが壁であり、
モテるようになれば悩みはほぼ解決するという事である。



悩みが解決した世界を想像してみて欲しい。


エロ動画などにお金を払う必要はない。
抜きたくなったらラインで誰か女を1人呼べば良いのだ。
映像では体験できない肌の温もりや心拍数を感じられる。



可愛い女の子はもはや遠くで眺める存在ではない。
ラブホに一緒に入っていくのはあなたであり、彼女の体に存分に触れることができる。


彼氏持ちの女性を好きになっても焦ることは無い。
あなたの魅力を感じた女性は彼氏よりあなたに振り向くようになる。



このような未来は決して大袈裟なことではないし
あなたの身にも起こりうることなのだ。



まぁしかし、モテるようになれば悩みが解決することなど
誰だってわかっているけどそんなに簡単な事ではない。



なので今日は私が思う最短で悩みを解決する道=モテる方法を解説してみよう。



最短で理想的なモテ人生を手に入れる方法



lgf01c201412091900.jpg


ネット上には実に様々な恋愛ノウハウ情報が溢れている。


私が見ても、参考になるな、と感じる情報もあるが残念ながら


「これは想像で言ってるな」
「誰かをパクッてるな」
「ほんとは経験無いんだろうな」



と感じてしまう情報の方が多いのが実際の所である。


別にそれらの情報を参考にしてはいけないというわけではない。
ただ、女性にモテるってのは本当はもっとシンプルなことなのだ。



常々主張しているが、私が思うモテる男になるために必要なことは2つ。



◆会話の能力を高める
◆出会いの数を増やす




この2つで良いのだ。



複雑な事なんか無い、この2つだけ。



俺はモテないなぁ…と思ってしまっている男性は
この2つのどちらか、あるいは両方が欠けているというだけで


どちらか足りないものを伸ばすだけでも
あっという間に人生が劇的に変化することだろう。



これ以外の要素は応用であり、おまけに過ぎない。
まずは会話と出会いの2点に目を向けてもらいたい。



恋愛商材なんかも、正直クソなものが多いし
この2つの情報さえ得られれば他を買う必要は無い。




もちろん、良い商材も存在するのは私も認めるし
さらにスキルを伸ばしたい…というような欲求があるなら
色々なジャンルや恋愛テクニックに手を出してみても良いだろう。



だが、くどくなるが本当に必要なスキルは2つなのである。



最短コースその1 会話能力





最初にトークスキルの重要性に関して話しておこう。



会話というのは人間関係の基本中の基本である。


日常会話もそうだがメールやLINEも結局は会話。
女性と会話ができないのでは、好かれることはできない。


ナンパスキルというのも結局、トークスキルだ。
トークというのは全ての恋愛テクの基本となる。



もしも今までいくら恋愛商材を購入してみても
思うように結果が出なかったというのであれば
ベースとなる会話スキルがまだ足りていない可能性が高い。


会話が上手くないと成り立たない恋愛商材は多いからだ。



1つアドバイスを送ろう。


これは私の持論だが、会話力とは演技力である。

演技力が高い男は会話力も高いのだ。


会話をしていると恥ずかしくなってくる事もあるかもしれないが
会話中はつねに舞台の上で演技をしていると思おう。


そうすれば表情もリアクションも活き活きとしてくるのだ。


暇さえあれば毎日、鏡の前で演技力チェックをしておくことをお勧めする。



さて、中には


同性との会話は苦も無く可能だけど女性との会話は上手くいかない。


そんな男性もいるかもしれない。


男性との会話の仕方と女性との会話の仕方は微妙に違うのだ。


会話への感じ方も、ウケる話題も、男女では異なっているし
細かい会話のルールにも違いがある。


なので、女性との会話を男性と同じように考えると大怪我をするのだ。


女性との会話には、女性会話用のセオリーがあるので
会話を学ぶならそういったものを学ぶことをお勧めする。



もしも女性との会話の初歩の初歩から学びたいのであれば
初心者向け会話教材であるこちらがお勧めである。


Aランク→モテ会話マスタープログラムは評価できるのかレビュー



本当に初歩的な会話教材なのだが
あまり頭に詰め込まずにゆっくり実践したい方にはお勧めだ。



最短コースその2 出会いを増やす





会話の他に必要になるのは、出会いの数である。



ハッキリ言って出会いの数さえ増えれば
それだけで悩みは解決してしまうぐらいだ。



今この文章を読んでるあなたももしかすると、
女性と対面すればそれなりには会話ができていて
足りてないのは出会いの数だけと感じているのではないだろうか?



出会いの数を増やせば悩みは解決する…ならば
なんで会話も習得しなくてはいけないんだ?



と疑問を感じた方もいるかもしれないが、思い出してほしい。



会話能力が無いと出会いは中々モノにならないのだ。



試しに想像をしてみて欲しい。

あなたの身の回りに、気になってるショップ店員など一人はいることだろう。
その子と出会いたい、話し掛けたいと思ったこともあるだろう。


でも、どうやって話そう?


と立ち止まってしまってはいないだろうか。


やはり、出会いを増やすにしても会話能力が必要なのだ。



会話能力を先に上達させる、というよりも
出会いと会話は両方同時進行で上達させていくのがお勧めだ。




先ほども少し書いたが、仮にナンパをするにしても
そこでもやはりトークスキルが必要になるし
かと言ってトークスキルは実際に女性と話さないと上達しない。



出会いを増やしながら実際に会話をこなす事により、
2つのスキルが相乗効果で上達していくのである。




恋愛商材も紹介をしておこう。



以下のタイトルは会話のスキル出会いの増やし方の両面を同時に鍛えることができる。


Sランク→ [岡田尚也のTheAutoVictorious]に感じたヤバさと注意点レビュー

Aランク→ だからおまえはモテないんだ、ヤれ! フクイレン&相沢蓮也のレビュー

Bランク→ [中年男が美女を虜にする容赦なき戦略4ステップ]の注意点? 長寺忠浩 レビュー



色々と買い漁るより、予算を抑えることもできるだろう。



まずは初歩的な会話のみで始めたい…というのなら
先ほども挙げたモテ会話マスタープログラムから始めるのでも良い。






もっと初歩的な問題もある??





もしかしたらもっと初歩的な問題である
見た目(ファッション)にも原因がある男性もいるかもしれない。


見た目とはルックスのことではない。



ルックスが普通だったとしても髪型や服装などの雰囲気によって
世間的にイケメンと呼ばれる評価は得られるのだ。


イケメンと呼ばれる芸能人もよーく顔を見てみると
そんなに言うほど顔が良いってわけじゃない事に気付くはずだ。


だが一般人は彼らのようにプロのスタイリストが付いてるわけじゃないので
素材が良くても髪型や服装によって損してる男性は多いのだが


髪型や服装によって、イケメン判定は十分に狙えるので
普段から美意識を高く持ち、気を使っていこう。


自信が無いなら会話などと同時に学んでみると良いだろう。


私が書き下ろした「ユニクロだけでキメるファッション講座」というマニュアルも
↓こちら↓のページでプレゼントしているので興味があれば目を通してみてください。


無料恋愛マニュアルプレゼント付メルマガ講座はこちら




洋服を買うにしても、商材を買うにしても、
「金が無いから」と渋っていては良い未来は訪れない。


良い服を揃えることぐらいは必要な先行投資だからだ。



飲食店が、仕入れる金が勿体ないからと
残飯で料理を作っていたら客なんか絶対に入らないはずだ。



女性にモテるというのもそれと同じ。


自分という商品をいかに魅力的にして、女性にプレゼンをするか。


それを問われているのである。



是非あなたという世界に1つだけの商品を
より魅力的な状態にして女性達にプレゼンをしてみよう。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。