FC2ブログ

モテ会話マスターが本当に効果がある理由について - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

モテ会話マスターが本当に効果がある理由について

管理人の赤堀です。


今年もカウントダウンイベントというものに参加をした。


イベントというものは参加すればするだけ
男女ともに交友関係が広がる出会いの場となる。


ちなみに今回のイベントはカウントダウンという事もあり
会場も大きな場所を貸切り参加者も200人ぐらいいた。

主催者が私の友人だったからという事も手伝って
初対面の女性とも久しぶりにあった女性とももちろん男性とも
色々な人と長くしゃべることができて非常に有意義だった。



だがこの手のイベントには必ず変な奴も混じる。

まったく周りの空気を読まずに
とにかく手あたり次第に女を口説き回ってるような男だ。



「ねぇ連絡先教えてよ」「2人で飲みにいこうよ」


通称ガッツキ君と私たちは呼んでいるが
このように焦ってガツガツしてる姿勢はみっともない。


それ以前に同性にも異性にもまったくもってウケが悪い。


彼らのような男を見ているとつくづく
私が普段から提唱してる恋愛理論が正しいと感じる。


つまり何をするにも空気というものが必要なのだ。


空気を読めない行動をするから失敗する。


例えば女を笑わせたいと思っているのであれば
女が笑いやすいような空気を作っておく必要がある。

笑えないような空気感の中でギャグをかまされたとしても
それを笑っていいものなのかどうか微妙な空気になるのだ。


女の子をお持ち帰りしたいという場合にも同様。

エロいことをしたいならエロい空気感を作らないといけない。


エロい空気感を作ることが出来ないのであれば
例え女性と2人でお泊りに行ったところでセックスは発生しないだろう。



空気感とはつまりキャラクターのことだ。


他人から見たその人物の印象、感じ、雰囲気。
まずはそこからしっかりと作っていかないといけない。


そしてキャラと違う行動をすると相手には不快感を与える。


以前アメトークという番組で下ネタが苦手芸人という特集をしていた。


博多華丸大吉の大吉さんやピースの綾部などは
いわゆる下ネタが苦手な人間。

彼れが下ネタを言っているとかなり違和感があるだろう。


しかし逆にケンドーコバヤシなどが下ネタを言っても
女性もそれをいやらしく捉えずに笑い話になる。


その差は何かというとキャラの印象の差なのだ。



真面目で誠実そうな男は単純に下ネタが似合わない。
似合わない男が似合わない事をするから違和感が生まれる。


逆に日常的に「パンツ見せて」とか言ってるコバヤシは
普段からそれを言いそうな雰囲気というものが作れている。

だから彼が下ネタを言ってもいやらしさが無いのだ。



このようなキャラの違いとういものは
基からの性格の違いだと思われがちだがそうではない。


これらは作ることができる演出である。


当然、あなたが今は下ネタに違和感があるキャラとしても
それを変えてエロい事を平然と言える人間に変われるのである。



先程、泊りに行ってもエロい事にならない男の話しをしたが
例えば大学生などは気軽に異性の家に泊りに行ったりする。


その際にまったく何もなくただ眠るだけになる男と
付き合ってなくても当然のごとくセックスが始まる男がいる。


その差は何かというとエロい雰囲気を作れるか否かだ。



色んな女とセックスしまくりたいのであれば
女をエロい気持ちにさせられるようなキャラじゃなきゃいけないし
それを要求しても違和感がないキャラじゃないといけない。




では具体的にはどのような所を変えていくのかと言うと


●話し方
●話す内容



この2つは徹底的にカスタマイズする事をお勧めする。


話し方が変われば印象が変わるし
話す内容に違和感の無いキャラが作れるようになる。


例えば軽快にサクサクと感情豊かに話す男なら
話す内容がちょっとチャラくなっても違和感が無くなる。


ルックスやファッションの問題ではないのだ。


ちょっとチャライ人物が下ネタを言っても違和感はない。


「はぁー…落ちこむわぁ…おっぱい触らせて」


などと言ってもいやらしさが無くギャグに出来るのだ。


そしてそのような話題をホイホイと話せる男と話していると
女の方も性欲がどんどん刺激されていく。


例えばあなたも女性の過去のセックスの話しなどを聞けば
その場でオナニーしたいような衝動に駆られることもあるだろう。

それと同じことは女性も当然感じる。

性的な話が増えれば増えるほど場の雰囲気はエロくなる。


ただあんまりエロい話しばっかりしても嫌がられるし
そもそも好感度が高くないとそのような話題にも答えてもらえない。

その辺のキャラバランスは非常に難しいのだが
もしもキャラを演出することにメリットを感じるのであれば
一度しっかりと映像などを見て学んでおくことをお勧めする。


キャラ作りと会話を学ぶんならこれ


結局はどんな恋愛テクニックを実践するにしても
まず基本となるのは好感度が高くほどよくエロいキャラ。


好感度が低いキャラなのに女性にアプローチしたって
嫌がられて引かれて影で笑いものにされるだけだ。



キャラをしっかり作れていても
どうしてもエロい雰囲気に持ち込めないというのであれば
その場の空気自体を強制的に変えてしまえばいい。


女の子がエロくなる合理的な理由を与えたりする事は
状況や場所、アイテムを駆使することで十分に可能。


私が知る限りかなり効果が高いのはこの3つ。
上から順にハマッた際の威力はでかい。


個室、ゲームを利用する方法

酒の力を利用する方法

マジック(手品)を利用する方法



このようなテクニックで場の空気を換えてしまえば
女性側に「まぁいいか」と思わせることが可能となる。


こちらも興味があるなら実践をしてみてほしい。


罰ゲームなどの威力については私も過去に経験がある。

赤堀が経験したゲームによって合意のもとエロい事をしてた日々

上の体験談はあくまで私が子供の頃の話しであり
まぁほんとにたいしたことがない話しなのだが
大人になった今もすべての原点はそこにあったと思っている。


大人になっても人間の心理というものは変わらないという事だ(笑)



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。