FC2ブログ

[The Burning Mail(バーニングメール)]は駄目なのか? 日高英治 レビュー - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

[The Burning Mail(バーニングメール)]は駄目なのか? 日高英治 レビュー

000534534ba.jpg

The Burning Mail



基本データ



評価 Dランク


作者  日高英治
種類  メール・LINE
内容  PDF+動画+音声
対象  メールに不慣れな初心者といったところ
特徴  低価格で一通りに知識が学べる




販売ページ確認はこちら


The Burning Mailレビュー




久しぶりにメールテクニック系の
商材に関してのレビューとなる。



正直現代ではLINEが主流なのでメールは時代遅れの感もある。



なのでメール・LINE問わず使用できるような汎用性
そして具体的な事例にどれだけ対応できるのかが重要なのだが


今現在メールテクニック系での最高ランクのこちら↓↓は
その両方を兼ね備えた良作であった。


好きな女性を振り向かせる連絡の取り方~mind set for mail~


だからこそ私のサイトでは数少ないAランク
いまだ4作しか該当していない高評価となったのだ。



さてこのThe Burning Mailの作者は
実力派の恋愛師である日高英治氏。


スキンシップ大百科や成功を引き寄せるファッションプログラム等
様々な商材で自らの色を発揮している。


スキンシップ大百科レビュー

成功を引き寄せるファッションプログラムレビュー

好きな女を2回のデートで落とす方法



彼の恋愛商材は基本的で王道的ながらも
「それを知りたかった」と思う男性の心理を心得ている。


日常の中で女性にモテたいと思うのならば
必ずどこかでブチ当たってしまうような壁を
突破する方法を毎回丁寧に教えてくれるのだ。


今回のバーニングメールのテーマはメールだが
メールというのも恋愛をしていれば
日常的に迷い、悩みが生じる分野なのは間違いない。


価格もジャスト1万円と恋愛商材としては安い。
すると自ずと期待値も高まってくるというものだろう。


”メールさえできれば女性は口説ける"


というセールスレターでの語りに対しては
正直まったく同意をしないのだが

メールで女性の興味を惹いたり
二回目のデートを上手く取り付ける事ができるなら
恋愛を有利に進められるということは言うまでもない。



お勧めはできるのか




さて、先ほども述べた通りにメール商材の場合は


・どれだけ色々なシチュエーション、バリエーションに対応できるか

・LINEなど現代に通ずる汎用性があるか



という2点は絶対にはずせないポイントだ。



バーニングメールの発売時期は2010年。
ラインの発祥は2011年なので想定はされていない。


だからこそ余計にバリエーションの豊富さや
抽象度を高いノウハウに設定されてるかは重要となる。


日高英治氏はメールに重要なポイントを
3点のみに絞り商材内で解説をしている。


セールスレターにも書かれているがその3点とは


1.女性にとって、魅力的なイメージを作る。
2.女性が返信を返したいと思うメールの「10の法則」を知る。
3.「出会いの場所”に合わせて」デートに誘い出す流れを作る。




たかが3点…とはいえこれはかなり骨が折れる。


とくに女性にとって魅力的なイメージを作る…とか
言葉にすれば簡単だが容易な事ではないだろう。


だがこれが重要となるという事には私も同意するし
女にモテたいという願望を叶えたいなら避けては通れない。


方向性自体には問題は無いと言えるだろう。


しかし


「出会いの場所”に合わせて」デートに誘い出す流れを作る


というのは斬新な考え方だ。


普通は「職種に合わせて」「年齢に合わせて」「タイプに合わせて」
メールの文面を変えていくように推奨するものだが
日高氏は「出会いの場所」によってそれを分けていこうと考えている。



確かに職場で出会った女と合コンで出会った女とは
信頼関係などの図式は圧倒的に異なるので
キャラ設定や誘い文句も異なるものになる。


ラインへの応用は効くのか




ラインはテンポの速い短い会話
メールは作り込まれた文面での会話


…という風に思われがちだがそんな事はなく
実は方向性さえしっかりしていれば
メールのテクニックはLINEに応用する事はできる。


日高氏が推奨している方向性というものは
LINEに応用をしても女性に違和感は与えないであろう。



だが「出会いの場によって」誘い方を変える
というコンセプトを掲げられてはいるものの


その掘り下げ方には若干の弱さを感じた。


例えば先ほど私が例に挙げたような


「職種に合わせて」「年齢に合わせて」「タイプに合わせて」


などをもっとふんだんに盛り込んで
様々なバリエーションに対応できるように
テンプレ化をしてみてもよかったのではないか。


会話商材と違ってメール商材ではそれが出来る。
それこそが最大のメリットとなるはずなのだ。


その点は田辺祐希氏のメール商材である
好きな女性を振り向かせる連絡の取り方と比べて
圧倒的に劣っている点であると感じた。

好きな女性を振り向かせる連絡の取り方~mind set for mail~


価格が安いので
価格分のお得感は感じる事はできるだろう。
1万円でここまでの内容ならば上出来だ。


だが最強ではない。


日高氏はメールさえできれば
女性を口説けるようになれると主張しているが


メールをマスターするという事には
まだ到達していないというのが私の結論だ。



お勧め度評価ランク




以上の事を踏まえてお勧め度ランクは


Dランク


とさせていただこうと思う。


メール系はやはり分量が多い方が有利。
他のメール系商材を見てもやはりボリュームが大きい。


もちろんボリュームが多くても
内容が駄目ならば駄目商材なのは変わりないが

メールジャンルには既に
内容も良くてボリュームも良い商品が存在している。


バーニングメールは駄目な部類ではないのだが
相対的に見た場合、評価はこのぐらいが妥当だろう。


The Burning Mailの購入画面はこちら


当サイトからの購入特典について



tokutokutenten.jpg


当サイトのリンクからの購入者には
私が書き下ろした恋愛マニュアルを特典をプレゼントしている。


特典の内容について詳しいことはこちらを参照


セット1
【女性が思わずあなたの家に「行きたい」と思う誘い方】
【女ウケが良くセックスに持ち込みやすい部屋の作り方】


セット2
【狙った女を惹きつけるモテる男のファッションと美容】
【女にモテるオーラを作り周りにモテ男と思わせる方法】


セット3
【個性的な自分を作り男女問わずに一目置かれ好かれる方法】
【女より立場を上にし恋愛で成功しやすくなる方法】


セット4
【思わずキュンとする女を惚れさせるギャップの作り方】
【沈黙になっても困らないトーク継続術】


セット5
【彼氏が居ても奪い取る極悪恋愛術】
【聞き上手だと相手に思わせる会話術】



これらのファイルの中から
好きなセットを選択して選べるようになっている。


特典の内容について詳しいことはこちらを参照


他では公開をしていない
私のサイトでの購入者限定の特典なので
この機会にゲットしてあなたのお役に立ててほしい。



特典付き商品購入リンクはこちらです




レビューは以上です。
読んでいただきありがとうございました。