「酒と媚薬で女を落とす手口] 相沢蓮也 お勧めな理由と評価レビュー - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

「酒と媚薬で女を落とす手口] 相沢蓮也 お勧めな理由と評価レビュー

aizawarenya201502080.jpg


女を酔わせて巧妙に拒絶できない流れを作り出し
気に入った美人や他人の彼女を寝取っている
卑劣なヤリちん男たちの手口の一部始終を
防犯の目的で公開することにしました。




基本データ



評価 Aランク


作者  相沢蓮也
種類  恋愛テクニック
内容  PDF
対象  トークスキルはあった方が良いが初心者こそ役立つかも。
特徴  『酒』『媚薬』というアイテムを用いたテクニック




販売ページ確認はこちら


酒と媚薬で女を落とす手口レビュー





『だからおまえはモテないんだ、ヤれ』の著者
相沢蓮也氏が最近リリースした新作商材である。

だからおまえはモテないんだ、ヤれ

『だからおまえは~』ではかなり高いレベルを見せてくれた彼なので
今回も必然的にその期待度は高いものであった。



そして、結果的にその期待は裏切られなかったと先に言っておこう。



長すぎるタイトルからは内容は解り辛いと思うが


今回のテーマはアルコール(酒)の力を使うことにより
即日、お持ち帰りをしてしまうという内容だ。



私はまさにこういう恋愛商材を待っていた。


過去の記事でも散々語ってきた事なので
私の読者は既にご存知のこととは思うのだが
私はこのようにアイテムを使ったアプローチを高く評価している。


「○○という言葉だけで女を落とす」
なんて恋愛テクニックは普通に考えて現実味がない。


過去にはサシ飲みセックスアリジゴクという
優れた恋愛テクニック商材があり高評価したが

その理由もその商材が酒というアイテムを駆使して
女性を酔わせて落とすというテクニックだったからだ。


アイテムを使う類の恋愛テクニックというものは
その効果が解りやすいだけではなく再現性がとても高い。


ルックスに影響されず、トークスキルに影響されず
アイテムの力に頼って女を落とすことが出来る。


これが現実的な恋愛テクニックというものだ。


今回の相沢氏の新作はサシ飲みセックスよりも
低価格でありながら上位版、と言ったところか。



コンセプトが良い




これも何度も主張していることなのだが
私の情報発信のコンセプトはこう


色んな女とセックスしまくれる男になる未来


これを手にいれる為に男が日々頑張るのだと思うし
その願望を叶える為のツールが恋愛商材だ。


相沢蓮也氏の新商材のコンセプトは
私が提唱するそのようなテーマ性とも合致する。


面白いのは、付き合う、親近感を高める、という目的ではなく


完全にヤリ目的の為に特化したテクニックであるという事だ。


酒で酔わせる…というコンセプトを聞いただけでも
それがお持ち帰り用のテクニックである事はうかがい知れよう。


再現性、即効性も非常に高く
スキル習得の為に長い時間を掛ける必要もない。


既にデートや飲みが決まっている状態ならば
迷わず導入を検討しても良いテクニックだ。


何故、酒が良いのか




酔った勢いで成り行きのセックスは起こりやすくなる。
それは多分、小学生でも知っていることだろう。


ではそもそも、成り行きのセックスとはなぜ起こるのか。


サシ飲みセックスアリジゴクのレビューでも書いたが
もう一度、それをおさらいしてみよう。


答えは非常にシンプルなことで


そのような空気、雰囲気になってしまったから。


このシンプルな原則が成り行きのセックスを生む。


女性との関係というものはその場の空気が全てであり
空気によって何をしてOKで何がNGかが決まっているのだ。


これも以前のレビュー記事に書いたが


例えば会って1時間程度の初対面女性に対して
いきなり胸を鷲掴みにしたところでそれがOKな空気があればOK。


逆に出会って10年来の親友の女の子であっても
NGな空気ならば何をしたってNGということになる。



なんとなくイメージは出来るとは思うが
特に日本人というカテゴリーにはこのような原則が根強い。


例えば相手の事を好きで好きでたまらなくても
「恋人じゃないと」手は繋がない…などもある。


こういう既成事実を作り出すのが空気の役目というわけだ。



私は恋愛テクニックというカテゴリーに対してはこう定義付けている。


セックスへと直結できるテクニック


それが優れた恋愛テクニックであり
恋愛テクニックとは本来そうでなくてはいけない。


恋愛テクニックとは女性がヤっても良いと思える
空気感や雰囲気を作る出す為に行うものなのだ。



ナンパで出会った女性とは即セックスがしやすい。
それは何故か?関係性の中に秘匿性があるからだ。


名前を明かす必要もなし、友達にバれる心配も無し。
よって後腐れが無いので女性側としてもセックスしやすくなる。


女性は常に心の中に理性でブロックを作っているが
そのブロックを破壊して大胆な行動をする理由があれば良い。



理由、理屈、既成事実を作り出す事により
成り行きのセックスが発生しやすい状況が生まれるというわけだ。


その空気感を意図的に作り出すためには
先ほども述べたように「●●という魔法の一言」などではなく
酒、個室、暗闇、罰ゲームなどの要素を盛り込む事によって


「この状況ならヤっちゃってもしょうがなかった」


と女に言い訳を作ってやることが重要となる。



前にも例えを出したが例えば王様ゲーム。


コンパの定番としていまだに行われているゲームだが
そこに彼氏持ちの女の子が参加していたとしよう。


もし罰ゲームで隣の男と10秒間ハグする事になったと過程する。
だが、罰ゲームなら仕方がないと思う女性はとても多い。


だがこれが罰ゲームじゃなく


「ちょっと俺と10秒間ハグしてみない?」


という提案の場合は99.999%拒否られる事になる(笑)



世の男性が意図していない、気付いてない場所でも
この『空気』というものが生まれることもある。


彼氏にフラれて落ち込んでたから…という理由で
好きでもない男に抱かれる女の話を聞いたことはないだろうか?


クリスマスにラブホが満室になってしまう理由もそう。
メンヘラ系で精神の弱い女が抱きやすい理由もそう。


ようは、成り行きのセックスを正当化する理由さえあればいいのだ。


酒に酔ってたから仕方ない、というの
正当化する理由としては非常によく使われている。


成り行きのセックスどころか軽犯罪の場合でさえも
「酔ってたから」で正当化しようとする者さえいるぐらいだ。


セックスを正当化する事ぐらい酒の力を借りれば容易い事なのだ。


(だがもちろん同意の場合に限る。無理矢理は絶対に駄目だ。
 こちらを正当化する為のものではなく女性側が正当化する為のものである)




過去にレビューし高ランクを出した出水聡のESCALATIONの場合は
ダーツバーで罰ゲームを利用するという手法で空気を作り出していた。


今回の相沢蓮也の新作に関しては
アルコールの力を使うことにより空気を作るテクニックというわけだ。


複雑な手順はいらない。時間を掛ける必要もない。
トークを主体にするわけでもない。


まさに即効性、再現性、利便性を兼ね備えている。


即ヤりに対して憧れを抱いているのであれば
導入を検討しても良いレベルの内容に仕上がっている。



問題点として挙げられるのは




問題点というより注意点を1つ挙げておこう。


それはやはり恋愛テクニックというものは
トークスキルという土台の上に成り立っているということ。


それはこちらの商材もまったく例外ではない。


つまり酒に酔わせるテクニックだけで
女を片っ端からヤリまくるなんて事は難しいということ。


無論、数をこなせばそれなりに成果は上がるとは思うが
あくまでも恋愛テクニックというものはゴールまでの補助なのだ。


だがゴールまで走る為にはトークスキルは必要。


トークが出来ない=つまらないと思われているのに
どうやって飲みの場に女性を誘うのか、そして盛り上げるのか。


もちろん多少トークが下手であったとしても
それを補ってくれるだけの力をアルコールは持っている。

ただ流石に最低限、女性の扱い方や喋り方は知ってた方が良い。


本編の中でもそのあたりの内容を補完してくれてはいるが
流石にトークの専門商材に比べればその精度は落ちてしまう。


それが私が感じた、こちらの商材の弱点だ。


では弱点を補う為にはどうすれば良いのか?


・トークスキルを上げる
・既に親しい間柄の女性をターゲットにする



この2つの解決策がある。


もちろん理想的なのはトークスキルを上げること。
問題には蓋をせずに解決を志した方が良いだろう。


だが、トークは一朝一夕で身に付くものではない。


そういう場合は既に仲の良い女友達などに試してみる事だ。


既に仲が良い友達ならばトークで緊張もしないし
既にトークのレベルを受け入れた上で飲みにも付き合ってくれる。


そういう関係性の女性を相手にノウハウを試すのが
最も効率的であり効果が感じやすいのではないかと思う。


お勧め度評価ランク発表




それではお勧め度評価ランクを発表しよう。


Aランク


それがこちらの商材への評価だ。


私がAランクを出すことは本当に滅多にない。


これはつまり恋愛テクニックというジャンルにおいて
最高レベルの商材と判断をしたという事である。


それは何故かと言うとやはり使いやすい事。
相手の女性にもバレる事なく罠にはめることが出来る。


そしてそれは酒を買うだけの金があれば誰にでも出来るのだ。


眉唾ものの心理学を用いる恋愛テクニックなんかより
こういう現実的なものの方が私は信頼ができるし
こういう飛び道具的な技は必ず持っていた方が良い。


飲みからホテル、自宅という流れはとても自然だし
何もせずに終わってしまうのはとても勿体ないことだ。


一日のデートの締めを最高のものにする為の武器として
活用するだけの価値があるノウハウであると私は判断した。



酒と媚薬で女を落とす手口購入画面はこちら


当サイトからの購入特典について



tokutokutenten.jpg


当サイトのリンクからの購入者には
私が書き下ろした恋愛マニュアルを特典をプレゼントしている。


特典の内容について詳しいことはこちらを参照


セット1
【女性が思わずあなたの家に「行きたい」と思う誘い方】
【女ウケが良くセックスに持ち込みやすい部屋の作り方】


セット2
【狙った女を惹きつけるモテる男のファッションと美容】
【女にモテるオーラを作り周りにモテ男と思わせる方法】


セット3
【個性的な自分を作り男女問わずに一目置かれ好かれる方法】
【女より立場を上にし恋愛で成功しやすくなる方法】


セット4
【思わずキュンとする女を惚れさせるギャップの作り方】
【沈黙になっても困らないトーク継続術】


セット5
【彼氏が居ても奪い取る極悪恋愛術】
【聞き上手だと相手に思わせる会話術】



これらのファイルの中から
好きなセットを選択して選べるようになっている。


特典の内容について詳しいことはこちらを参照


他では公開をしていない
私のサイトでの購入者限定の特典なので
この機会にゲットしてあなたのお役に立ててほしい。



特典付き商品購入リンクはこちらです




レビューは以上です。
読んでいただきありがとうございました。