女性との会話は本(文章)じゃなく映像や音声じゃないと学べない。 - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

女性との会話は本(文章)じゃなく映像や音声じゃないと学べない。

管理人の赤堀です。


先日、友人(男)とカフェにてお茶した時の話。


その友人とは5年来の付き合いなのだが
基本的にはいつも私がトークを先導して彼は聞きに回る事が多い。


女性、男性問わずに聞き上手がモテると言われる昨今で
なぜ私が彼に対してマシンガントークをするのか?

それにはもちろん理由がある。


というのも、彼は会話というものが極端に苦手で
こちらが話題を振って無理して話させようとしても
それを苦痛に感じて辛くなってしまうからだ。


例えばその日の会話でこんな一幕があった。


紅茶を飲みながら一言私が

「なんか好きな映画とか漫画とかないの?」

と聞いた時のことだ。

これ自体はごく普通で自然な会話だろう。


だが彼は黙り込んでしまった。

それどころか「えーと、えーと…」と
落ち着かない様子でイスを揺らし始めた。


ちなみに女性との会話の場合、こういう時は
もっとその女性が話しやすい話題をセレクトするのがベスト。


例えば職場の話、イライラした話など。
そういう事の方が人は話しやすいものだ。


だが私は彼にモテようと思っているわけではないので
何気なしにそのような事を聞いてしまった(笑)


彼が落ち着かなかったのには理由がある。
彼は何も思いつかなかったわけではない。

実は彼は是非とも私にお勧めしたい映画があったそうだが


それをどのようのに話せばいいのかが解らなかったのだ。


彼はすぐに緊張して手汗をかいてしまうタイプだし
声も小さくシャキシャキとトークするタイプでもない。


恐らく、中学、高校、大学とそのような性格の為に
たくさんの人からトークを敬遠させてきてしまったのだろう。

だから緊張して上手く話すことができないのだ。


なので私はその場のトークを先導し
彼を積極的に笑わせるトークをしていくスタイルを取った。


実は「話すのが苦手」なタイプの人間に対しては
このように話しを聞かせる事の方が良い場合もあるのだ。


もちろん相手が女性の場合も同様。


聞き上手になろうという思いが先行しすぎて
無理して相手に話させてしまったので相手は苦痛。


相手が思わず感想を漏らしたくなるような話題を
こちらから振っていく事が重要となるのだ。


私はいつも聞き上手は話すのが上手い奴だから使えるスキル
というような事を言っているがそこにはそんな理由もある。



その帰り際、駅まで歩いてる際に
彼から興味深い話しを聞くことが出来た。


「いやー…赤堀くんはそれだけトークが上手くて羨ましい。
 俺もさっき話したかった映画があったのにどう話せばいいか解らなかった」



私はてっきり彼は会話なんか上手くなくても良いと思っていて
無理して話すなんて事はそもそも嫌いだと思っていた。


だがそれは違っていた。


彼は彼なりに「トークが上手くなりたい」という願望を持ち
先ほどは頑張ってそれを実践しようとしていたのだ。


彼も雄弁に好きなものを堂々と好きと語り
相手を楽しませられるトークスキルが欲しかったのだ。


私は彼に定期的に会話のレクチャーをする事を約束した。



彼のように対面すると緊張をしてしまい
どうしても上手く会話が組み立てられないような男性でも
要点を覚えて練習していけば十分に会話は上手くなれる。


私は過去にそんな風に変わった男性を何百人と見てきた。
彼も意欲がある以上、きっと変わることができるだろう。


そして、去り際に彼が言った一言が印象的だった。


「会話とか教える本とかはいっぱいあるけどさ。
 会話は実際に聞いてみないと絶対に上達しないよね」



私のサイトの読者さんはご存知の事と思うが
これは普段私が展開している理論とまったく同じものだ。


ちなみに私は彼に私の仕事の内容を詳しく話した事はない。
だが、彼は教わる立場として自然とそう考えていたのだ。



そう、会話には間がありリアクションがありランゲージがある。
文章だけで上達するというのはどうしても難しい。


だから私は会話に関しては映像や音声で学ぶ事をお勧めしている。



だからこそ、モテ会話マスタープログラムという
映像で学べる商材をトークの一歩目としてお勧めしているのだ。



ちなみにそのモテ会話マスタープログラムなのだが
2月15日で販売終了した事は記憶に新しいのだが

早速、新しい会話商材としてリニューアルされたらしい。


今まで通りにレビュー記事内からセールスレターが閲覧できるが
今までとは異なったコンセプト、作りになってるのが伺い知れる。

モテ会話マスタープログラムのレビューはこちら


商材自体の質は相変わらず良いので引き続きお勧めはしようと思うが
改めてレビューなどを用意するかは今後検討していこうと思う。


販売終了前のモテ会話マスターを入手する方法はもう無いが
購入をしたくても間に合わなかった方もいたことだろう。
(終了キャンペーンの特典が豪華だっただけに残念だ)


私自身、映像付で学べる会話商材が業界から無くなった事を
かなり残念に思っていたところではあったのだが


モテ会話マスターのリニューアルによって
以前とは違うものの映像付で学べる商材が
この業界に再び誕生したというのは朗報であると言える。


興味がある方はレビュー記事より確認をしてみて頂きたい。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。