FC2ブログ

女性にモテるキャラや服装を演じるには何が必要か - 恋愛商材かなり辛口レビュー!評価・お勧め・口コミ2017版

女性にモテるキャラや服装を演じるには何が必要か

管理人の赤堀です。


女性とのトークには空気が重要である。


という事を私は常々言っている。


女性とのトークでは嫌われたくないと思うあまり
あまり積極的になれなかったり無難な事しか言えず
結果としてあまり印象を残すことができない男性が多い。


だが、そのような男性の多くはその事を自覚していて
本音を言えばイジりたいしぶっこんだ会話をしたいと思ってるはずだ。


だが、好きな女性の前だと
イジったりぶっこんだりして良いものかどうか悩む…。

変な事を言ったせいで嫌われてしまうのでは?



そんな感情がきっと行動を邪魔するのであろう。


だからこそ、良いやすい空気、
イジッても嫌味にならない空気を作る必要がある。


例えば仲の良い男友達や女友達に対して
「お前マジでアホだな笑」と言っても笑いが起きる
あのような空気感を作り出すということだ。


良い空気を作る為に重要となるのは



・その場の雰囲気
・あなたのキャラクター



という2点だ。


その場の雰囲気…というのは作りやすい。
無礼講な雰囲気の場に出向けば良いからだ。


例えば飲み会の席ではみんなふざけるのが普通。

流石にセクハラをしたらドン引きされると思うが
多少、無茶なことをしても許される雰囲気はある。


酒には雰囲気を作り出す効果があるのだ。


以前、久々のAランクを叩きだしたこちらも
酒を力をフル活用して空気を作り出す技である。

酒と媚薬で女を落とす手口

飲みってのはそれだけで大胆になれる理由となり
多少の無茶が許される無礼講になるのでお勧めだ。


もしも店で酒を飲みのならその店のムードも重要。
店の雰囲気もまた空気を作る要素となり得る。


場の雰囲気を作る方法は酒の他にも罰ゲームやマジックなど
色々な方法が商材として出回っているので参考にするのも良いだろう。


罰ゲームを使ったテクニックならこちら

マジックを用いたテクニックならこちら


セックスへと直結する流れを作れるのが優れたテクニックだが
このようにアイテムを用いるものをセックスへの流れを作りやすい。



そしてもう1つ重要となるのは男性側のキャラ。
つまりあなた自身のキャラクターという事になる。


女にモテる事に適したキャラと適さないキャラは確かに存在する。


『ありのまま』という言葉が昨年は流行語になったが
女にモテたいのならばありのままなんて御法度だ。


女にモテたいという願望があるにも関わらずに
モテにくいキャラならばモテやすいキャラを演じるべきである。


女にモテにくいキャラとは、想像すれば容易に解るとは思うが
消極的、優柔不断、ユーモアがない、真面目、堅そう…など。


思い当たる事があるのならば改善していく必要がある。


積極的、ハッキリしてる、ユーモアがある、遊び心がある、ちょいチャラ

このように逆に変えていく必要があるだろう。


とは言っても性格を簡単に変えられたら苦労はしない。
だから『演じる』という考え方が必要になってくるのだ。


例えばハリーポッターシリーズのマルフォイ役で有名なトム・フェルトン。

陰湿で姑息、プライドは高いが意気地は無いという
完全なるゲスな役を幼い頃から演じ続けていきた彼なのだが
カメラが止まれば慈愛に満ち、人当たりの良い青年だ。


だが、その一面を知らない人からしてみたら
まるで彼自身がマルフォイなのではないか?という錯覚に陥る。



演じるという事にはそれだけの力があるし
本来の姿とは別の姿を人に印象付けることができるのだ。


今回はたまたまパッと思いついたトムを例にしたが
演じてる姿がまるでその人のキャラのように思える俳優は
きっと、あなたの頭の中にも存在していることだろう。



でも、そんな一流俳優のような事ができるのか?


そんな疑問もあるかもしれないが
キャラを作り変えるという事は難しくはない。


私が学生だった時代の話なのだが
中学の頃は暗くて教室の隅で静かにしていた男いた。


私自身、彼の事は申し訳ないがあまり記憶には無かった。


だが私が高校生になった時。
隣のクラスの友人にこんな事を聞かれたのだ。


「なぁ、お前の中学に●●って奴いた?」


思わぬところから懐かしい名前を聞いたものだが
その後に聞いた事実は中々衝撃的だった。


「●●ってお前の中学をシメてた不良ってマジ?
 ××高の奴が今同じクラスらしいんだけどさ」



なんと彼は中学の同級生が同じ高校に居ないのを良い事に
中学では悪さで有名だったというキャラを作り上げていたのだ。


つまりキャラを正反対に作り上げる事なんて
その辺の素人高校生でもできてしまうのである。


まぁとはいえキャラを作っているだけでは
そのうちボロが出てしまうものである。


だから演じてるうちに徐々に本当にそのキャラに近づく
という事を目指すようにすると良いだろう。


ではまず何を変えていくのか。


喋り方、服装


この2つを変えるだけでもキャラは変えられる。


服装を変えるのは解りやすいだろう。


例えばパーカー、Tシャツ、ジーンズ、黒髪ミドルという
当たり触りないつまらない見た目だったとしても


坊主にサングラス、ド派手な刺繍入りのジャンパーにダボダボのスウェット。


こんな風にするとあっという間にコワモテになる。


もちろんコワモテを目指してもしょうがないので
参考にすべきはモテる男、モテそうな男の服装、髪型だ。


予算さえあれば見た目を変える事は容易なのだ。


問題は喋り方。


声のトーン、表情、柔らかさ、話題など
こちらもモテる男の喋り方を参考にしながら
勉強をして変えていく必要がある。


服装は金さえあれば換えられるのだが
喋り方に関してはしっかり勉強をしながら実践をし
行動によって変えていくことしかできない。


喋り方に関しては参考になる商材も少ないが
最近リニューアルされたこちらは相変わらずお勧めできる。


新モテ会話マスタープログラム

映像付で学べるので普段の生活で使える
演技力を身に付ける為におおいに役立つだろう。


是非とも普段の生活から積極的に演技をして
性格そのものを変えてモテる男としての
人生をスタートさせていただきたい。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。